HOME生活感想ワンダー:R・J・パラシオ

ワンダー:R・J・パラシオ

初夏に本屋に行くと、若年層のコーナーには、夏休みの読書感想文用に推薦図書が並びます。
ワンダーはその中に、5・6年生用ということで置かれていました。
全く内容は知らなかったのですが、表紙が気になって少し読んでさらに気になったので購入しました。

この話は実話かと思ってしまいますが、創作です。
主人公はオーガスト・プルマンという小学5年生。
でも学校に行くのは5年生になってからが初めて。
生まれつき顔に問題を抱えており何度も手術を繰り返し、顔の造形が崩れてしまっている少年オギーを中心に、彼を取り巻く子供たちの視点でストーリーが進んでいきます。

オーガスト・プルマンは自分の顔に非常にコンプレックスを持っていて、人がチラっと自分の顔を見たときに、どういう気持ちで見ているのか悟ってしまいます。
そんなオギーが学校に入って、うまくやっていけるのでしょうか…?というストーリー。

周りにこんな子がいたらどうするか?という問いかけになる一冊でしょう。
残念ながら、はじめはどうしても好奇心や恐怖心の目を向けてしまうと思います。
10代のような多感な時期ではその反応は当然のものかもしれません。無理やりダメと押さえつけるのではなく、そこからどうするのかという行動が問われるのだと思います。
オギーは、中身は普通の少年、それどころか家族もみんなナイスガイばかり。
そんなオギーが学校に入ったことによって起こる、友達の裏切り、姉の葛藤、いじめっことの対決など、あるかもしれないという話が展開され、そして最後はサマーキャンプで事件発生!
どうなってしまうのでしょうか?

この話は映画化もされており、オギーが学校から帰ってくるときに友達になったジャックウィルと話しながら校門から出てくる姿を見た、母親役のジュリア・ロバーツの、驚きとともにうれしさが湧き上がってくる、「えっ!何!?友達…?まじで!?」みたいな感じの演技が素敵で、見ているこちらもうれしくなってしまう場面でした。
ワンダーにも続編があり、主役がオギーではないようですが、気になったので読むつもりです。

関連記事

まっしょうめん!:あさだりん

わたしの息子が剣道をやってみたいということで道場に通い始めました。 といってもいつまで続くかわからないので、まずは竹刀だけ買って習わせています。 竹刀は消耗品のため、特に小学生用などは2000円程度で…続きを読む

死刑にいたる病:櫛木理宇

前に、「死刑にいたる病」という映画が公開されるというCM(現在は既に公開は終わっています)を見たので、原作本を読んでみました。 死刑判決を受けた連続殺人犯が、一件だけ自分の罪ではない、ということで、そ…続きを読む

青の炎:貴志祐介

「青の炎」はミステリー小説ですが、その中でも「倒叙ミステリー」と呼ばれるジャンルのミステリー小説です。 主人公は高校生の櫛森秀一。 彼は高校生活を楽しむ普通の学生でしたが、あるとき急に家に離婚した元父…続きを読む

仮面ライダーBLACK SUN(AMAZON PRIME VIDEOドラマ)

西島秀俊・中村倫也主演のAmazon Prime Video限定ドラマ「仮面ライダーBLACK SUN」が、2022年11月1日から放映されたので見てみました。 元は仮面ライダーBLACKという、平成…続きを読む

震える岩 霊験お初捕物控:宮部みゆき

わたしは、いわゆる時代物と呼ばれる、江戸時代など過去の時代背景を題材にした本を割と読みます。 以前は藤沢周平ばかりを読んでおり、その世界観や必殺技などに魅せられていました。では次に誰の時代物を読もう?…続きを読む

砂の女:安部公房

昆虫好きの主人公が、昆虫採集のために砂丘にいったところ、砂丘にあいている砂の穴の底に連れていかれ、そこから脱出できなくなってしまう、という不思議な話です。 砂に囲われた盆地、というよりはほぼ穴という感…続きを読む

野生のロボット:ピーター・ブラウン

野生のロボットは、子供向けの本です。 うちの子に読ませたら読むのではないか?と考えて手に取りました。 うちの子は、なかなか本を積極的に読まず、漫画やゾロリなど読みやすいものばかりを読んでしまいます。も…続きを読む

母性:湊かなえ

「母性」というタイトルの映画が上映されるということを以前に知り、それ以来、原作の母性を読んでみようと思っていました。 話は、自分の母親のことが大好きで、いつまでも子供として母親にかわいがられていたいと…続きを読む

深い河:遠藤周作

しばらくミステリー物ばかり読んでいたので、別のジャンルを読もうということになり、たまたまネットで紹介されていた旅物を読むことにしました。 そのうちの一冊として紹介されていたのが、「深い河」でした。 遠…続きを読む

ゴーストブック おばけずかん(映画)

映画館で本編を見る前にやっている予告編を見ているときに、このゴーストブックが流れ、実写であることで面白そうだなと思い、子供に薦めて見に行ってみました。 出演に新垣結衣が出ているところも売りなのでしょう…続きを読む