HOME生活裁縫携帯用ティッシュケースの作り方

携帯用ティッシュケースの作り方

ポケットティッシュ用のカバーや、箱型のティッシュボックスにかぶせるタイプのティッシュカバーではなく、箱型ティッシュボックスの中に入っているティッシュを複数枚取り出して小分けにして持ち運べるようにするため、ティッシュケースを作りました。

使用するティッシュは、LOHACOで買える「詰め替え用ティッシュ300組」です。この中の10~20枚程度を取り出して、携帯できるようなティッシュケースを作ります。

携帯用ティッシュケースの作り方

まず生地を切ります。
本体:30cm × 25cm(ティッシュの大きさに合わせる)
取っ手:5cm × 25cm(適当)

778-01

取っ手は両端を1回、0.5mm程度内側に折り、さらに真ん中から半分に内側に折ってマチ針で止めます。

本体は、長辺(30cm)の両端を2回内側に折りたたんでからマチ針で止めます。

778-02

ミシンで、本体と取っ手とも、マチ針を打ったところを縫います。

778-04

本体の両端を縫う準備をします。布の両端を重なるように折り、重なる部分が中央にくるようにします。重なる範囲は1cm程度です。

本体の両端を縫うためにマチ針で止めます。このとき、ティッシュを上において、実際にどこまで縫う必要があるのかを確かめながらやると間違いありません(この場合は、大体端から1.5cm程度のところにマチ針を打ちました)。

また、片側に取っ手を縫い付けるため、下図のように外側からあててみます。

778-05

取っ手の場所を決めたら本体の生地を開いて、中に取っ手を配置します。

778-06

本体を閉じて、そのうえからマチ針を打ちます。取っ手が動かないように取っ手ごとマチ針で固定します。

778-07

両脇をミシンで縫います。このとき、中央の口が重なる部分は、2重に縫うと強度が増します。

778-08

さらに、両端にジグザグミシンをかけます。

778-09

ティッシュケースができあがりました。真ん中の口から内側を外側に出します。

778-10

以下のように、内側を外側に出していきます。

778-11

ティッシュケースの完成です。

778-12

早速ティッシュを詰めてみます。結構口が大きいので口からティッシュを詰めていきます。

778-13

使用イメージです(下図)。

778-14

関連記事

工業用ミシン糸を家庭用のミシンで使う

家庭用のミシン糸は300~700m程度のものが大半です。 これに対し、工業用のミシン糸は、1000~3000mほどあり、糸がすぐになくならないうえ、価格も家庭用のミシン糸よりも安くなります。 しかし、…続きを読む

裏地付きファスナーポーチの作り方(手縫い編)

裏地のあるファスナーポーチを手縫いでつくります。 寸法 ファスナー20cm 表地2枚(24cm × 24cm) 裏地2枚(24cm × 24cm) タブ 手順 表地になる布を裏側にして置きます。 ファ…続きを読む

巾着の作り方

ひもの通し口が片側しかないシンプルな巾着の作りかたです。ミシンを使います。 採寸 今回の巾着の寸法は、横×縦=50cm×45cmにします。 生地に定規をあて、50cmと45cmにところに待ち針を刺しま…続きを読む

布を断裁する

布の裁断についてです。 まず布に切るための線を引きます。今回は普通にマジックで線を引いていますが、マジックの線は消すことができないのでチャコペンなどを使うと洗濯で消すことができます。 例えば布を表・裏…続きを読む

糸通しで針に糸を通す

家庭用ミシン(JANOME poete CP-200)を使って、糸通しで針に糸を通す方法です。 poete CP-200には、上糸を針穴に通す手間を若干省くための仕組みが用意されています。 この機種に…続きを読む

巾着のつくり方2

巾着のつくり方の第二弾です。前回とあまり変わっていないかもしれませんが、今回はより丁寧にやってみました。 寸法 高さ40cm、幅30cmの巾着をつくります。 縫い代を考慮して、45cm × 70cmで…続きを読む

子ども用ガーゼマスクのつくりかた

子どもが喘息もちで、風邪をひくとそこから悪化するため、風邪をひいたらマスクをつけさせるようにしています。 割と咳の症状がおさえられるため、悪くなってきたらマスクをつけることを習慣づけようとしているので…続きを読む

マチを含めた採寸方法

子どもの弁当箱を入れる巾着袋をつくるために、マチのある巾着を作ろうとして、マチを含めた採寸をして布を裁断するにはどのようにすればいいか、考え方をまとめました。 マチを含めた採寸 マチを含めた布を裁断す…続きを読む

かがり縫いで端の始末をする

端の始末を手縫いでする場合、最も簡単な方法は「かがりぬい」ではないでしょうか。ここではかがりぬいの方法を説明します。 かがりぬいの手順 かがりぬいのはじめは裏面から針を刺します。 裏から表に糸が通って…続きを読む

ボビンに糸を巻く方法

家庭用ミシン(JANOME poete CP-200)を使って、ボビンに糸を巻く方法です。 ボビンに糸を巻こうとすると、めちゃくちゃに絡まってうまくいかないことがあるので、正しく巻くことができたときの…続きを読む